玉匣

玉匣(たまくしげ)は、九谷焼、陶芸、ジュエリー、加賀友禅や加賀手まりなどの小物を扱うお土産屋さんだ。

創業は1973年(昭和48年)。工芸品は若手作家の作品を中心に扱っている。黄色いのれんがお店の目印だ。

お店は、ひがし茶屋街のメイン通りにあり、橋場町バス停(4番)から徒歩約3分だ。

訪問レポート

玉匣は、九谷焼などの陶芸品、ジュエリー、小物などを扱うお土産屋さんだ。

玉匣の入口

お店は、ひがし茶屋街のメイン通りにある。

入口にある観葉植物と黄色いのれんが、お店の目印だ。

玉匣の店内

入口近くには、畳屋さんが作ったカード入れや、加賀手まり、水引などの小物が並ぶ。

どれも金沢らしいデザイン。カード入れは、SUICAとかPASMOなどのケース入れに使えそう。

玉匣の店内

加賀友禅のガマ口、和紙染めのストール、ブックカバー、ペンケース、小物入れなど、女性好みのお土産が多い。
玉匣の店内

壁際に並ぶのは、若手の工芸作家の作品だ。陶芸や九谷焼の茶碗・器・グラスなどが、ずらっと並んでいる。

玉匣にある九谷焼は、昔ながらのよくあるデザインではなく、斬新で可愛らしいのが特徴だ。

玉匣の店内

イヤリング・ネックレスなどのアクセサリーも購入できる。

お土産セレクト

九谷焼

九谷焼

お酒が好きな父親へのプレゼントを探していたところ、デザインが素敵な九谷焼のおちょこ2,500円あったので購入してみた。

工芸作家・浅蔵一華さんの作品だ。

九谷焼の作者

家に帰って中を開けてみる。作家の説明書きが同封されている。

ふむふむ。浅蔵一華さんは、五十吉 深香陶窯(いそきち しんこうとうよう)という、大正時代から続く有名な工房で制作しているようだ。

浅蔵一華さんは、三代目の五十吉さんの娘さんらしい。

父親いわく、作家さんの説明書きがあると、贈られた品物に、より愛着が沸くらしい。

畳屋のカード入れ

カード入れ

これは、個人的に気に入った畳屋さんのカード入れ650円だ。
金沢らしいデザインも素敵な感じ。

SUICAの入れ物として使っている。

お店の情報

玉匣の基本情報

店名:玉匣(たまくしげ)
住所:石川県金沢市東山1-14-7
電話:076-225-7455
営業:10:00~17:00
定休日:火曜日
アクセス:北鉄バス・橋場町バス停(4番)から徒歩3分
HP:http://www.tamakushige.com

お店の地図

玉匣の地図
※玉匣の2階は料亭「中むら」で、地図の表示も「中むら」になっています。

画像ギャラリー