お茶屋美術館

お茶屋美術館は、1820年、江戸時代に建てられたお茶屋です。

創建時は、「中や」と呼ばれ、その後「千秋」、「玉久」など名前が変わりました。

現在は、美術館になっており、1階は展示室、2階は広間やはなれがあり、当時のお茶屋の雰囲気を伝えています。

1階の展示室

1階の展示室

 

1階の展示スペースには、芸妓の髪を飾る櫛(くし)や簪(かんざし)、加賀蒔絵(まきえ)などが展示されています。

2階の広間

2階の広間段

 

2階の広間は、清潔感ある赤を基調とした部屋で、お座敷で使うような楽器などが置いてあります。

2階のはなれ

2階のはなれ

 

2階のはなれは、鮮やかな青を基調とした部屋です。

お店の情報

お茶屋美術館の基本情報

 

店名:お茶屋美術館
住所:石川県金沢市東山1丁目13-7
電話:076-252-0887
入館料:一般500円、小・中300円
営業:9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日:木曜日
タバコ:全席禁煙
アクセス:北鉄バス・橋場町バス停(4番)から徒歩2分

HP:http://www.ochaya-museum.com

お店の地図

お茶屋美術館の地図

画像ギャラリー